特別企画ツアーお問い合わせ

新企画!!セブンマジックマウンテンズ シャトル!!

期間限定新企画ツアー!!
セブンマジックマウンテンズ シャトル
日本語ガイド付き

日本語でご案内します!!

ラスベガスのインスタ映えポイントを楽しむ新感覚ツアー!

ガイドの案内を聞き、ガイドおすすめインスタ映えポイントで
写真撮影!!
ご自身のカメラまたはスマートフォンをご持参ください。
郊外ツアーの合間におすすめ!

ラスベガス・ウオーキングフォトツアー

このツアーのおすすめポイント


  1. ①期間限定の砂漠の岩石アート「セブンマジックマウンテンズ」にご案内!
    (2019年12月まで期間延長)
  2. ②カメラの設定をガイドが行い、完璧な設定、場所、構図もアドバイス。
  3. ③Twitter,Instagram,Facebookなどで自慢出来る写真を撮影!
  4. ④超有名な「ラスベガス サイン」「ハーレーダビッドソン サイン」にもご案内!

砂漠に突如現れる岩石アート「セブンマジックマウンテンズ」!

セブンマジックマウンテンズ

セブンマジックマウンテンズ

ラスベガスといえば「ラスベガス サイン」へも!

ラスベガス サイン

人気の「HARLEY DAVIDSON」本社前のサインにも!

ハーレー

行程表

1 8:30~9:00 サーカス・サーカス、ベラージオ、ルクソールにてお迎え
2 9:30 セブンマジックマウンテンズにて写真撮影(約30分間)
3 10:30 有名な「ラスベガス・サイン」「Harley Davidsonサイン」を
写真撮影(約30分間)
4 11:30~12:00 各ホテルにお送り(ルクソール、ベラージオ、サーカス・サーカス)
料金
USD58.00

催行日

原則毎日
(2019年12月まで期間延長)

最少催行人数

2名様以上

所要時間

約3時間

交通機関

日本語ガイド付き車両
<事前お申込み必要>

食事

なし

ガイド

日本語ガイド

注意事項

  1. 1)天候その他の事由により、予告なしキャンセルまたは変更する場合もございます。
  2. 2) 事故、渋滞などによりお迎えが多少遅れる場合もございます。。
  3. 3) カメラ、スマホの故障、紛失などの責任は負いかねます。

弊社ツアーに参加いただいたお客様からのお便りご紹介いたします。

+11月24日R様
今回は年賀状に使う写真を撮りたくてこのセブンマジックマウンテンのツアーに参加しました。 上手な撮影の仕方を教えてくれたり、家族写真をたくさん撮ってくれるので、ツアーに参加して本当によかったです。 6歳娘、7歳姪っ子の可愛い写真がたくさん撮れて大満足です☆
+10月26日E様
12月までと言う事で行かずにはいられないと思い、今回のツアーに参加させて頂きました。(期間は延長されました) 砂漠の中にカラフルなアートがあり、一際目立ちます。実際は岩?に色を塗っている、ような感じで目をひく鮮やかさです。 ガイドさんが、撮影ポイントを教えて下さり、写真を連写で撮って下さり、動画まで笑。 ラスベガスサイン、モーターサイクルも大満足でした!
+10月9日R様
待ち合わせの声掛けから、到着するまでの気配り、そして自社のウリまで分かりやすく説明してもらえました。 そしてそのウリ通りのフォトジェニックな写真を撮ってもらえて大満足でした。 ラスベガスのお薦めポイントも聞いた際には快く回答してもらえ最高のツアーを体験出来ました。ガイドさんが最高でした!
+9月19日A様
インスタで見かけて、何コレ!と気になり調べていたら、このツアーを見つけました。
ホントに砂漠の中にポツンと現れ、ワクワクが始まり…実際その場に着くと大きなアートに圧倒されます。青空に映えるカラフルなストーンがめちゃめちゃ可愛い! ガイドさんがいっぱい写真を撮ってくださり、嬉しかった(^^)しかも自分で撮るより断然綺麗!同じカメラ設定なのに何で?笑 セブンマジックマウンテンは期間限定のようなので、見ることができてよかったです!途中、長ーい列車も見れてラッキー☆ ラスベガスサインもサクサクとフォトスポットで撮ってもらい♪ 車中ではラスベガスの見所とか美味しい食事とか色々な情報も教えていただき、参考になりました! 楽しい時間をありがとうございました(^^)
+5月7日I様
セブンマジックマウンテンを雑誌で見かけ、見てみたいと思い調べていく中で、個人ではなかなか行きづらいことがわかり、安心な現地のオプショナルツアーにお願いしました。 実際に行ってみると、広大な砂漠の中にカラフルな石?(石炭を固めた物)が積まれた巨大オブジェだけが佇んでいます。 ラスベガスのギラギラ感とは違って、アート感満載でなかなか面白い! 眠らない町ラスベガスとはギャップがあって、新鮮でした。
ページトップへ